歯科衛生士とは?

歯科衛生士の業務

歯科衛生士としてのコミュニケーション

大切なのは、知識と技術、そして豊かな人間性。歯科衛生士は、あなたの人柄が活かせる仕事です。

患者さんとのコミュニケーションを図るには『言葉・笑顔・ハート』が欠かせません。歯科衛生士の業務において、この3つはとても大切です。患者さんから笑顔が返ってくる時、プロとしての自覚が芽生えます。新横浜歯科衛生士専門学校では、そんな『やりがい』のあるプロフェショナルを育てています!!

歯科衛生士の大切な3つの柱

3つの柱に活かされるのは『あなたの人柄』と『コミュニケーション能力』

新横浜歯科衛生士専門学校は、卒業後すぐに活躍できる「歯科衛生士」を養成しています。 幅広い世代の患者さんと接する臨床現場では、あなたの女性らしい優しさにあふれた人柄と患者さんの心を的確に読み取るコミュニケーション能力が役立ちます。

歯科予防処置

歯と歯を支える組織の健康維持、管理のための口腔内清掃を行います。 お子さんへのフッ素塗布や予防填塞(シーラント処置)は歯科予防処置に含まれます。 これらは、歯科医師と歯科衛生士のみが行うことのできる仕事です。

歯科保健指導

お子さんからお年寄りまで各年代にあった、またそれぞれのお口に適したケア方法を、全身の健康との関わりをふまえながら、サポートします。

歯科診療補助

チェアーサイドでの優しい笑顔と思いやりのある気遣いは、緊張した患者さんの気持ちを和らげます。 高質な歯科診療を提供するためには、歯科衛生士による歯科診療補助はとても重要です。

新横浜歯科衛生士専門学校の特色

新横浜歯科衛生士専門学校は3年制を実施するにあたり、企業ではスタンダードになっている接遇(コミュニケーション能力の向上)を、どこよりも早く実践致しました。

患者さまに対する立ち居振る舞いは勿論、一般的な冠婚葬祭や名刺の受け渡し、お茶の出し方、メイクアップの仕方等・・・様々な内容が用意されています。学生達も、毎週楽しみにしている名物授業の一つです♪

  • 入試情報
  • 出願手続き
  • 資料請求
  • オープンキャンパス