就職と資格

就職状況

歯科衛生士は高く評価されている職業!就職率もバツグン!

就職は歯科診療室はもちろんのこと、総合病院歯科、保健センター、介護福祉施設、歯科関連の企業など多くの職場からたくさんの募集が集まります。歯科衛生士は多くの職場から必要とされている職業です。

求人件数699件 求人倍率18倍 就職率100%(平成21年度実績)
高齢社会にますます高まるニーズ

歯科衛生士として5年以上勤務することで、ケアマネージャー(介護福祉専門員)の受験資格が得られます。お口の中の汚れが肺炎を引き起こす原因にもなり、今後、より進む高齢社会では、私たち歯科衛生士が活躍するべき場はさらに広がっています。

たくさんの就職先があなたの笑顔を待っています!

最近の歯科診療は虫歯を治すだけではありません。虫歯を作らない、歯周病を進行させないという予防の意識は歯科衛生士だけではなく、多くの患者さんの間でも広がっています。それぞれの患者さんの特徴を十分に理解した上で、その方にあったお口の管理は歯科衛生士の大事な仕事です。

「国家試験合格保証制度」 歯科衛生士になるための国家試験合格率100%!

歯科衛生士国家試験

国家試験は、歯科衛生士法に基づき、厚生労働大臣が指定した歯科衛生士学校、または文部科学大臣が指定した歯科衛生士学校を卒業して初めて、受験資格が与えられるものです。

歯科衛生士国家試験対策について

3年生の後期から、国家試験対策講義、特別講義・演習、模擬試験などで今まで学んだことを復習し、きめ細やかな教育によって学生一人ひとりがステップアップしていけるように、一流講師陣が指導しています。

歯科衛生士国家試験直前対策

更に成績不安者には、専任教員による個別指導が国家試験直前まで行われます。

本校では、特色を生かしたカリキュラムに基づき、通常の授業をはじめ、国家試験対策講義、特別講義・演習、模擬試験など、きめ細やかな教育によって学生一人ひとりがステップアップしていけるように、一流講師陣を揃えています。まずは、第一ステップの歯科衛生士国家試験合格を目指していきます。万一国家試験に合格できなかった場合、『学費免除で1年間』は引き続き、資格取得の勉学を継続できます。

  • 入試情報
  • 出願手続き
  • 資料請求
  • オープンキャンパス